極東証券presents なごやウィメンズ・クラシック

音楽動画『音楽でつなぐ久屋の風景』

 

名古屋にゆかりあるクラシック音楽の演奏家5名が、栄・久屋地区各所で演奏を行い、音楽で栄・久屋地区の風景をつなぐ動画です。シネマティックに切り取られた久屋の風景が、名古屋が誇る素晴らしい演奏家の音色によって、つながれていきます。

 

出演者:佐藤桂菜(チェロ)、齋藤華香(フルート)、金澤みなつ(ピアノ)、

    KASH【林こずえ(ヴァイオリン)、西脇佐和子(ピアノ)】

 

【出演者プロフィール】

佐藤桂菜 Keina Sato /チェロ

3歳より才能教育研究会にてチェロを始める。 2016年 石田学園星城中学卒業後単身渡米、ボストンのWalnut Hill School for the Artsに入学。同時期にボストンのNew England Conservatory Preparatory School にダブルスクールで学ぶ。 2018年「Tan Family Foundation」奨学生となる。 2019年9月ジュリアード音楽院入学。 2015年 第25回日本クラシック音楽コンクール中学生チェロの部全国1位、翌年受賞者演奏会にてチャイコフスキー ロココ変奏曲をオーケストラと共演。 2016年 岐阜国際音楽祭コンクール弦楽器高校生の部1位。 2016年 NHK名古屋ニューイヤーコンサートに出演。名古屋フィルハーモニックと共にソロ出演、総合テレビで放送。 2016年 しらかわホールにてエルガーチェロ協奏曲をオーケストラと共演。 2019年 ケンブリッジシンフォニーオーケストラとドボルザークの協奏曲を共演。 2019年 NHKラジオ「リサイタルノヴァ」に出演。全国放送される。2019年小澤征爾室内楽アカデミー奥志賀に参加。 ウイーン国立音楽大学、カーティス音楽院、カザルス音楽祭などのサマーセミナー受講 ディプロマ取得。 これまでに故久保田顕、廣岡直城、林良一、花崎薫、Emmanuel Feldman各氏に師事。現在David Finckel、Clara Kim各氏に師事。

 

齋藤華香 Kako Saito /フルート

名古屋市出身。5歳よりフルートを始める。 全日本学生音楽コンクール フルート部門 第69回中学校の部 全国大会第1位。第70回高校の部 全国大会第1位、横浜市民賞。部を跨いでの2連覇。 第12回仙台フルートコンクール 高校の部 第1位。 第19回日本ジュニア管打楽器コンクール 本選考会 フルート部門 金賞。 第5回三田ユネスコ・フルートコンクール ジュニア部門 第1位。 17歳で初ソロリサイタルを開催し、チケット完売するなど好評を博す。 NHK FM「リサイタルノヴァ」に出演。 東京フィルハーモニー交響楽団の一員として、「生きる〜New Year若い命を支えるコンサート」に出演。 これまでに神奈川フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演。 ワルター・アウアー、ヴァンサン・リュカ、エマニエル・パユ各氏のマスタークラス受講。 大西圭子、上野星矢、上野由恵、高木綾子の各氏に師事。 愛知県立明和高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部2年生在学中。

 

金澤みなつ Minatsu Kanazawa /ピアノ

名古屋市出身。愛知県立芸術大学音楽学部器楽学科(ピアノ専攻)卒業。学内選抜オーディションにより定期演奏会、室内楽の愉しみ、卒業演奏会に出演。同大学院音楽研究科音楽専攻博士前期課程(修士)首席修了、大学院最優秀修了生によるコンサートに出演。これまでにピアノを遠藤誠津子、大口光子、掛谷勇三、ヴァディム・サハロフ、松本総一郎の各氏に、作曲を若林千春の各氏に師事。宗次ホールランチタイムコンサート、愛知芸術文化センターフレッシュコンサート、小劇場コンサートシリーズ、第33回読売中部新人演奏会、日本各地でのジョイントコンサートなど数々の演奏会に出演。第10回中部ショパン学生ピアノコンクール銀賞。第23回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション全国大会出場、入賞者演奏会に出演。2007年ポーランド・クラクフ音楽院教授らと「ピアノトリオの夕べ」で共演。第10回大阪国際音楽コンクールAge-U エスポワール賞、パリにおいてガラコンサートに出演。2010年YBP 国際コンクール弦楽器・ピアノ部門総合第1位。第11回大阪国際音楽コンクールAge-G 第1位、Germaine Mounier賞、ショパン賞、レッスンの友賞を受賞と共にウィーンスカラシップを得て、2012年ウィーンにてリサイタルを開催。2013年アンサンブル神戸とグリーグのピアノ協奏曲を共演。ウィーンのリストザールにて「Solo, Duo and Trio Gala Concert」に出演。2014年愛知県警察音楽隊とガーシュインのラプソディ・イン・ブルーを共演。2017年、2019年ニューヨークのカーネギーホールにて「OSAKA&Cecilia International Music Competition Gala Concert」に出演。2020年NHK-FMリサイタル・パッシオに出演。ムーランダンテ音楽祭(フランス)にてディプロム取得、ディーナ・ヨッフェ氏に師事。ロバート・パーマー、オルガ・ルジーナ、ピオトル・パレチニ、ヴィタリー・マルグリス、トーマス・クロイツベルガー、ヤン・イラーチェク・フォン・アルニンの各氏の公開レッスン、マスタークラスを受講。 また、クラシックのみならず、石川テレビ放送制作ドキュメンタリー、名古屋テレビ制作ドラマ、NHK土曜時代ドラマ「アシガール」、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの劇伴においてピアノ演奏を担当。 2020年3月まで、名古屋学芸大学にてピアノインストラクター、非常勤助手、及び非常勤講師を務める。大阪国際音楽コンクール公式伴奏者。ソロ活動の他、さまざまなアーティストとのリサイタルや室内楽のコンサートなど多岐にわたって活動している。

 

林こずえ/KASH Kozue Hayashi/ヴァイオリン

名古屋に生まれる。 七歳よりバイオリンを始める。 第52回全日本学生音楽コンクール 名古屋大会 高校生の部 1位。 長野国際コンクール 高校生の部 2位。 ミレニアムコンクール 室内楽の部 2位。 2004年 東京藝術大学音楽学部 卒業。 自身がメインバイオリン&リーダーを務めるストリングスユニットSEASONSでビクターからデビュー、今までにKASHを含め5枚のCDをリリース、読売交響楽団のエキストラ、ソロ活動やアーティストのサポート、室内楽の演奏活動とバイオリン講師を両立をし現在に至る。 ドラマ『のだめカンタービレ』のSオケメンバーとして出演、日テレ『所さんの目がテン』で、バイオリンニストとして出演、演奏。 今までに加山雄三 森山良子 スガシカオ さだまさし 葉加瀬太郎 ミッシャーマイスキー 等多くの有名アーティストと共演し活動中。 後進の指導にもあたり、数々のコンクール審査員も行なっている。 G dream21レディースオーケストラ コンサートミストレス

 

西脇佐和子/KASH Sawako Nishiwaki /ピアノ

名古屋市出身。明和高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学ピアノ科卒業。 東京藝術大学大学院修了。現在まで、多数のコンクールで入賞。 これまでに杉浦日出夫、多美智子、竹内啓子、ブィレム・ブロンズ、ジャン・ファシナ、御木本澄子、永富和子、丹羽つね子の各氏に師事。 ピアノリサイタル、ヴァイオリニストとのデュオコンサートを始め、「愛・地球博P-Forest」にて約20日間のライヴステージ、愛知県体育館での万博1周年記念イベント、 豊田通商フェアinカザフスタン等に出演。ドラマ「のだめカンタービレ」劇中曲、B’z、リュ・シオン、Ryu(冬ソナ)、バカリズム等、 他のアーティスト、オーケストラとの共演。名古屋ブルーノート等で、自身のユニットライヴ、コンサート、ジャンルに関わらず演奏活動。 自身が作曲を手掛けるユニット  KASH (カッシュ) CD 「EVER FLOW」 「3×7」「Live CD」 全国リリース。 「3×7」より 「kaze」「Three」が NHK総合番組「キッチンが走る!」 「日曜美術館」等で使用。 kash-music.com

 

 

撮影協力:愛知芸術文化センター、オアシス21、神楽屋、カワイ名古屋、極東証券株式会社、森村記念館

協賛:極東証券株式会社

企画:中村ゆかり

著作/制作:なごやウィメンズ・クラシック

 
 
 
 
 

◎お問い合わせ:久屋ぐるっとアート事務局(名古屋市東区東桜1-13-2 愛知県芸術劇場 TEL052-971-5609 ※10:00〜18:00)

 

◎参加予定団体:愛知芸術文化センター(愛知県美術館、アートライブラリー、愛知県芸術劇場、愛知県図書館)、愛知県立芸術大学、NHK名古屋放送局、NHK名古屋放送センタービル、

オアシス21、カワイ名古屋、極東証券、栄まちじゅう音楽広場実行委員会(久屋大通発展会、愛知県吹奏楽連盟)、JAPAN LIVE YELL project@AICHI(久屋プロジェクト)、セントラル画材、

セントラルパーク、なごやウィメンズ・クラシック、名古屋観光コンベンションビューロー(オアシス21iセンター)、名古屋テレビ塔、名古屋YWCA、日本キリスト教団名古屋中央教会、

日本メナード化粧品、久屋大通パーク、HISAYA DISTANTAINMENT実行委員会、パンマルシェ実行委員会、ブロッサ、森村記念館、やっとかめ文化祭実行委員会 

​久屋ぐるっとアートは新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に取り組みながらみなさまをお迎えします。

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会